FC2ブログ

東京大神宮十七日寄席

『東京大神宮十七日寄席』の公式ブログです。ご案内と記録。ご予約もできます。現在試験運用中。

【第109回】「立川吉幸の会」フォトギャラリー

 2月17日は立川吉幸師匠の会でした。

 一席目は「元犬」。枕では談幸師匠が猫を飼っていることに触れ、吉幸師匠の視点で笑わせてくれました。本題にも個性的なくすぐりが光ります。

 DSC_0047_20200224094620f0b.jpg

 高座を降りずに続けての2席目は「尻餅」。大晦日の噺ですが、年が明けても冬にはよく演じられる演目です。

 DSC_0049_20200224094622a75.jpg

 中入りをはさんで後半は、最近話題の離婚や不倫のゴシップな枕から、豪快なおかみさんが出てくる「洒落小町」へ。喉の調子がよくないという吉幸師匠のしゃがれた声が、おかみさんの豪快さに拍車をかけます。

 DSC_0055_20200224094623343.jpg

 以下は当日のアンケートです。

 ●吉幸師独演会、初めてで良かったです。(板橋区・横山様)
 <初めてのご来場、ありがとうございます。楽しんでいただけて良かったです。またのご来場をお待ちしております。>

 ●初めての寄席でした。楽しかったのですが、2部はちょっと…(横浜市・野方様)
 <洒落小町のおかみさんが暴走してました。>

 ●毎回楽しみにしている会です。マクラも良くたのしませて頂きました。また来ます。(新座市・餃子ブルエン)
 <いつもありがとうございます。次回はどんなネタがかかるのか、楽しみですね。>

 ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。
  1. 2020/02/24(月) 10:12:07|
  2. 十七日寄席記録
  3. | コメント:0

4月17日は「桂やまと独演会」

 『第111回東京大神宮十七日寄席 ~第62回桂やまと独演会~』は、中止とさせていただきます。
 楽しみにしてくださっていた皆さん、大変申し訳ありません。
 『東京大神宮十七日寄席』は毎月17日の開催です。次の桂やまと師匠の会は11月17日です。


 4月は桂やまと師匠の独演会です。

 桂やまと

 今回初演の一席は「三味線栗毛」。大名の次男である角三郎と按摩の錦木の、心の交流を描いた一席です。心あたたまる名作をやまと師匠の口演でご堪能ください。当日は満席が予想されますので、早めのご予約をお勧めいたします。

 ■第111回 東京大神宮十七日寄席 ~第62回 桂やまと独演会~
 令和2年4月17日(金) 開場:午後6時30分 開演:午後7時
 予約2,000円 当日2,300円 U-23割引1,000円
 ※U-23割引 1,000円 (中学生以上23歳以下対象、要証明書提示。小学生以下入場不可)

 ■桂やまとプロフィール
 平成11年3月 七代目「桂才賀」に入門。前座名「才ころ」。
 平成15年5月 二ツ目に昇進して「才紫」と改名。
 平成26年3月 真打に昇進して「三代目 桂やまと」を襲名。
 平成13年第6回岡本マキ賞受賞
 平成24年第11回さがみはら若手落語家選手権優勝

 チケットご予約の方は、この記事に非公開コメントをつけてください。
 お名前(ハンドルネームも可)、枚数、メールアドレスを明記してください。
 当日前売料金でご入場いただけます。

 確認のメールをお送りしています。
 メールの送信には一週間程度かかる場合があります。


十七日寄席_202004_hp
  1. 2020/02/23(日) 17:12:01|
  2. 今後の予定&予約
  3. | コメント:0

【第108回】「瑞姫の浪曲の会」フォトギャラリー

 新年最初の十七日寄席は毎年恒例、瑞姫さんの浪曲の会でした。

 三遊亭白鳥作「任侠流れの豚次伝」を、1年に2話ずつ語り続けてきましたが、今年は4回目、いよいよ来年は完結します。
 まずは第7話「悲恋かみなり山」。豚次に焦がれるアライグマのオスカルの、美しい愛と悲しい定めが涙すら誘います。

 DSC_0052_2020012509564650e.jpg

 衣装は初春らしい、美しいお着物でした。

 お召替えでの第8話は「チャボ子絶唱」
 流山動物園の仲間、チャボ子が、豚次のために大活躍します。
 
 DSC_0058_20200125121130ae0.jpg

 チャボ子

 DSC_0056_20200125095648801.jpg

 今回の教室は、浪曲の作り方。「黒田武士」の台詞を題材に、瑞姫さん独自の研究成果を惜しげもなくご披露くださいました。お客さんも皆さん声出して、楽しんでいらっしゃいました。こういうのはせっかくですから、恥ずかしがってないでやっちゃうのが一番です。

 DSC_0060_20200125095649f74.jpg

 お疲れのところネタ帖をつけてくださっている瑞姫さんの一枚です。

 DSC_0065_202001250956519be.jpg

 で、そのネタ帖がこちら

 DSC_0067_20200125095652c0b.jpg

 今回もアンケートにご協力いただきました。

 ●また来ます(匿名様)
 <お待ちしてます。>

 ●ストーリーがおもしろすぎる(匿名様)
 <三遊亭白鳥作、瑞姫演出・口演の名作ですね。>

 ●CDが欲しいです。(横須賀市・池野様)
 <そんな話も出ていました。お買い上げ第一号ですね!>

 ●浪曲教室はためになりました。次回も来ます。今回で三回目です。(足立区・荒井様)
 <次回の浪曲教室も気になりますね。>

 ●初めて浪曲というものを聞かせて頂きました。母が瑞姫さんの浪曲をラジオで聞き、すっかりファンになりました。(川崎市・レろぷにリ様)
 <浪曲としてはかなり異色だとは思うのですが…(笑)いろいろ聴いて楽しんでくださいね。>

 ●新作も大変楽しめました。一つ、稲荷は神社だと思うのですが、お紺(?)が真言を唱えるのは不思議です。(文京区・北山様)
 <稲荷も大師もありがたいですね。これから金比羅へ向かいます。>

 ●本日も豚次伝2席+浪曲教室、楽しい口演でした。気が早いようですが、来年1月17日、豚次伝完結(2回目、木馬亭以来)楽しみにしています。CD発表(できれば全10回)期待しています。9月ラジオ出演もよかったです。(鶴ヶ島市・大久保様)
 <こちらにも熱心なファンの方がいらっしゃいました。CD、実現しますように。>

 ●以前から東京大神宮というところに興味があり、3年目にしてやっと来られました。明るいうちにまずお参りをし、暗くなってkらキャンドルを見せていただきました。浅草木馬亭のにぎわいとはまた違った神聖な空気を感じました。こじんまりとした会場、お客様はどんな感じかなど気になっていましたが、珍しく新作物の楽しい演目、現代的なオチ?が飛び出したりと大変楽しかったです。最後の浪曲の作り方は難しかったですが、楽しく歌わせていただきました。(墨田区・更科斗紫輝様)
 <力作のアンケート、ありがとうございます。お参りからのキャンドル、演芸。当会の完璧な楽しみ方です!>

 以上、ご協力いただきました皆様、ありがとうございます。
  1. 2020/01/25(土) 12:43:43|
  2. 十七日寄席記録
  3. | コメント:0

【第107回】「桂小すみの会」フォトギャラリー

 12月の十七日寄席は年末の風物詩、桂小すみさんの会でした。

 一昨年まではお囃子の松本優子、昨年は前座、そして今年は晴れて音曲芸人として登場です。
 当日の会場はあふれんばかりのお客様。

 DSC_0048_201912301040001b8.jpg
 
 オープニングはお馴染み、大好きだという「伊勢音頭」。お客さんの「よーいよーい」の掛け声も慣れたものです。東京のお伊勢さまである大神宮での高座はまた一興、小すみさんの思い入れもひとしおです。木遣りの掛け声で始まりマライヤ・キャリーの「恋人たちのクリスマス」に乗せて伊勢音頭の歌詞を歌うのは、その名も「マライヤ木遣りー」。

 DSC_0052_20191230103958a34.jpg

 その後も、前座の体験談や海外での活動、寄席のことなど、一年を振り返り盛りだくさんの話が溢れて止まりません。ボサノヴァの「ウェーブ」に、アヒルの声やひばりの声の笛も飛び出し、忙しい高座です(笑)。しかし最後は「たぬき」でばっちり決めるところがさすが、かっこいいです。

 中入りを挟んで後半は春風亭愛橋師匠口演による音曲落語「ぺーる・ぎゅんと」です。

 DSC_0065_2019123010400132e.jpg
 
 イプセン作、グリーク曲の名作はどれも聞き覚えのあるもの。小すみさんは三味線からピアニカ、尺八、フルート、松本さんの尺八伴奏も贅沢です。
 
 DSC_0068_20191230104004f39.jpg

 高座の愛橋師匠は早着替えをしたり高座を降りて踊ったりと派手な演出や、時にはダジャレも織り混ぜながらペールギュントの話を進めていきます。

 DSC_0076_01.jpg

 おしまいの追い出し太鼓はカホンという楽器で小すみさん自らが送り出してくれました。

 DSC_0090_201912301041309dc.jpg
 
 今年もはじめからおしまいまでフルパワーの小すみさんでした。

 以下は当日のアンケートです。

 ●初めての寄席、初めての小すみさん。本当に素晴らしかったです。ありがとうございます。(横浜市・植地様)
 <初めての演芸体験を楽しんでいただけてよかったです。>

 ●前半が良かった!来てよかった。(江東区・木村様)
 <小すみさんたっぷりでしたね。>

 ●楽しいひとときを有難うござざいました。お二人とも芸達者ですばらしかったです。(調布市・よし子様)
 <新しい試みが新鮮でした。>

 ●毎年恒例の12月の楽しい一日でした。たぬき、とても良かったです。(匿名様)
 <あっかんのたぬきでした次回もありますのでお楽しみに。>

 ●楽しかったです。小すみさんになってさらに芸の幅を広げ、これからますます楽しみです。(匿名様)
 <来年は何を見せてくださるのでしょうね。>

 ●10年後はニューヨークのカーライルホテルのクラブに出ているかもしれませんね。(中村様)
 <小すみさんならあると思います!>

 ●たっぷり楽しみました。内容もそうですが、文章もステキです。(中村様)
 <毎年ご用意くださる手書きのプログラムは、小すみさんの思いが詰まっています。>

 ●目の前で見せて頂いて、とても楽しいひと時でした。(葛飾区・中村様)
 <ライブは何物にも替え難い魅力がありますよね。>

 ●バラエティーに富んだたいへんすばらしい一席でした。世界各国を旅した気分です。(越谷市・山田様)
 <たっぷりのおしゃべりもとても楽しかったですね。>

 ●十七日寄席は二回目です。進化していっている小すみさん、今回も一段とグレードupした内容で楽しませていただきました。ペールギュント、愛橋さんとのコンビネーション、多種の楽器も使い、楽しみ方増えました。(市川氏・五関様)
 <再度のご来場ありがとうございます。見どころ満載の会でしたね。>

 ●日本橋での愛橋師匠の会で小すみさんが大好きになりました。十七日寄席の小すみさん(松本優子さんの時から)の会がずっと気になっていましたが、ようやく来ることが出来ました。小すみさんのやわらかいトークと三味線の迫力、美しい声のギャップに涙が出そうになりました。(横須賀市・須藤様)
 <お越しいただきありがとうございます。濃厚な時間をご堪能いただけて良かったです。>

 ●小すみさんの洋楽アレンジ音曲も大好きですが、都々逸や端唄も拝聴したいです。「たぬき」はたった一丁の三味線と一人がつむぐ音曲と思えず、フルオーケストラを感じました。拝聴出来て本当に良かったです。「ぺーるぎゅんと」愛橋さんのスケールの大きい噺と小すみさんの通りすがりの尺八吹きの方の演奏が本当にすばらしかった。(葛飾区・も多笑様)
 <来年の「たぬき」はどうなるか、お見守りください。>

 ●とても楽しいトークと素晴しい演奏で、最初から最後まで、次は何を聞かせてくれるのか、わくわくしながら聴かせていただきました。ジャンルにこだわることなく、常に新しいものに挑戦している小すみさんの人柄がとても好感を持て、ステキですね。三味線、尺八、歌、素晴らしかったです。(松戸市・渡慶次様)
 <いつに増して魅力全開の小すみさんでした。>

 ●小すみさんの語りは宇宙を果てしなくかけめぐるような、深い喜びがありました。お二人ともにチャレンジ精神が旺盛で、驚くばかりでした。愛橋さんの創作落語は過去と現在(今の瞬間)の行ったり来たりの混在感…なんとも言えないおかしみがあり楽しかったです。娘が気持ち良く生きていけますように祈り続けています。今日も大神宮殿に祈ってから参りました。祈りはマザーテレサに学んだような気がします。ソルヴェイグさんの祈りも素敵ですネ。(市川市・木ノ内様)
 <壮大なご感想、ありがとうございます。たしかに混在感にあふれる番組でした。>

 以上、たくさんの熱いご感想をありがとうございました。
  1. 2020/01/04(土) 09:58:21|
  2. 十七日寄席記録
  3. | コメント:0

3月17日は「19回目の陽・昇」

 新型コロナウイルスの蔓延にかんがみ、3月の会は中止とさせていただきます。
 なお、ネット予約くださった方には、別途メールでご連絡いたします。


 おかげさまで定員に達したので、予約を締め切りました。
 ありがとうございます。
 なお、当日券はありません。
 次回は9月17日(木)です。

 3月17日(火)は、漫才の宮田陽・昇さんの会です

 陽・昇宣材用

 3月の出演は漫才の宮田陽・昇さんです。当会が始まってから年に二度、回を重ねること19回目となります。豪華ゲストは当日のお楽しみです。いよいよ迫ってきたオリンピックが成功するように、オリンピックの前座をしっかり務めます。満席が予想されますので、早めのご予約をおすすめいたします。

 ■第110回 東京大神宮十七日寄席 ~ 19回目の陽・昇 ~
  令和2年3月17日(火) 開場:午後6時30分 開演:午後7時
  予約2,000円 当日2,300円

 ■宮田陽・昇プロフィール
 ▼宮田陽(写真左)
   昭和43年4月26日、秋田県の生まれ
   平成3年4月、劇団俳優座に研究生として入団
   同年12月、退団
   平成5年8月、劇団TIME Produce結成
   平成9年11月、解散

 ▼宮田昇
  昭和51年10月31日、広島県の生まれ
  平成7年8月、劇団TIME Produce入団
  平成9年11月、解散

 ▼
  平成11年8月、漫才コンビ結成
  平成13年5月、宮田章司一門に入門
  平成25年11月、漫才協会第25代真打昇進

 ▼受賞歴
  平成16年7月、漫才協会主催・第3回漫才新人大賞・優秀賞
  平成17年5月、漫才協会主催・第4回漫才新人大賞・大賞
  平成24年1月、平成23年度(第66回)文化庁芸術祭賞大衆芸能部門・新人賞
  平成29年3月、国立演芸場主催・平成28年度花形演芸大賞・銀賞

 チケットご予約の方は、この記事に非公開コメントをつけてください。
 お名前(ハンドルネームも可)、枚数、メールアドレスを明記してください。
 当日前売料金でご入場いただけます。

 確認のメールをお送りしています。
 メールの送信には一週間程度かかる場合があります。

 十七日寄席_202003_hp
  1. 2019/12/30(月) 10:17:34|
  2. 今後の予定&予約

2月17日は「立川吉幸の会」

 2月は立川吉幸さんの独演会です。

tachikawa.jpg

 10月の高座も洒脱で聴きごたえのあるすばらしい三席でした。真打になってさらに厚みが増し、ますます素敵になった吉幸さんの高座をお楽しみください。前回残念ながらご都合がつかなかった方も是非お越しください。心よりお待ちしております。

 ■第109回 東京大神宮十七日寄席~立川吉幸の会~
 令和元年2月17日(月) 開場 午後6時30分 開演 午後7時
 予約2,000円 当日2,300円

 ■立川吉幸プロフィール
 平成9年10月 快楽亭ブラックに入門「ブラ房」
 平成17年8月 立川談幸門下へ、「吉幸」
 平成19年7月 二ツ目昇進
 平成27年4月 落語芸術協会入会、前座として務める
 平成28年5月 二ツ目昇進
 令和元年5月 真打昇進

 チケットご予約の方は、この記事に非公開コメントをつけてください。
 お名前(ハンドルネームも可)、枚数、メールアドレスを明記してください。
 当日前売料金でご入場いただけます。


 確認のメールをお送りしています。
 コメント欄での返信はしないことにしました。
 メールの送信には一週間程度かかる場合があります。


 ちらし2002_hp

  1. 2019/12/15(日) 12:54:39|
  2. 今後の予定&予約
  3. | コメント:2

【第106回】「第57回 桂やまと独演会」フォトギャラリー

 11月の十七日寄席は桂やまと師匠の独演会でした。

 枕は長唄の名取になったお話。名披露目の会へむけての苦労や、その会で大師匠・古今亭志ん朝の出囃子「老松」を演奏することなどに触れました。

 一席目は「熊の皮」。落語ではお馴染み、かかぁ天下の夫婦の笑いです。本来はアダルトなオチなのですが、近年は演出が変わり、今回もみんなで笑える楽しい一席でした。

 DSC_0050_20191215105058fe1.jpg

 続けての二席目は「四段目」。上方(大阪)では「蔵丁稚」という演題です(私はこっちの方が気に入ってます)。本格的に邦楽を習い始めてから、歌舞伎を見る目が変わったというやまと師匠。劇中劇の芝居の場面もたっぷり演じ、丁寧な台詞や仕草など、見ごたえがありました。さすが名取りです!

 中入りをはさんでトリの一席は「宿屋の仇討」。機嫌の悪い侍と騒がしい江戸っ子三人の対比が面白く、間に入る宿屋の男が噺のテンポを整えます。ぐっと引き込まれ、パッと笑いの起こる、素晴らしい一席でした。
 
 DSC_0053_20191215105059e8f.jpg

 今回のネタ帖はこちら

 DSC_0056_01.jpg
 
 アンケートもいただきました。

 ●たっぷりたのしみました。ありがとうございました。(直様)
 <本当にどれもたっぷりな三席でしたね。こちらこそありがとうございます。またのご来場をお待ちしております。>

 ※当日は満員のお客様でしたが、やまと師匠の会はシャイな方が多い様です(笑)。

 後日やまと師匠から、長唄に関して素敵なメッセージをいただきました。(以下抜粋)

 「長唄は落語とは直接的な繋がりがないように見えて、演者の一人として知識や間の取り方に非常に影響を与えてくれていることを実感しています。
 囃子方は「掛け声」がとにかく大事で、発声だけでなく、息を詰めなければ掛け声にならない箇所や、同じ「ホー イヤァ」でも歌詞の情景をふまえて強弱が必要です。常に間に気をつけ、そして曲のメリハリをつける……これも見事に落語とリンクしています。
 師匠初寿三の薦めもあり、(一社)長唄協会にも名取を機に入会させていただきました。落語界におきまして、太鼓・鼓の邦楽囃子で名取になっているのは東西合わせても二人だけです。上方の桂米左師匠、そして桂やまとです。東西に一人ずついることになります。どちらも望月流です。
  これからも噺と同様に長唄を真剣に学び続けてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。」

  1. 2019/12/15(日) 12:33:11|
  2. 十七日寄席記録
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

十七日寄席世話人

Author:十七日寄席世話人
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

十七日寄席記録 (109)
今後の予定&予約 (18)
お知らせ (7)
十七日寄席とは (1)
十七日寄席根多帳 (1)
未分類 (0)