【第八十六回】立川吉幸の会フォトギャラリー

3月の十七日寄席は立川吉幸さんでした。
まずは当日のネタ帳がこちら。

180317_DSC_0041.jpg

吉幸さん、達筆です。

今回のフォトギャラリーは、高座前のショットから。
ちょっと見かけない紋だなと思い
吉幸さんに尋ねたところ

180317_DSC_0005.jpg

それもそのはず、これは競輪のシンボルマークだそう。
言われてみれば確かに!

180317_DSC_0007.jpg

吉幸さんは競輪に造詣が深く
新聞で連載を持つほど。
そして羽織はこんな感じ

180317_DSC_0009.jpg

先方からのリクエストもあって拵えたこの紋(?)
カタカナ入りななかなかないでしょう。
ちなみにもちろん特注で、お値段も特別だったそうです。

伝統芸能、着物、というと固くなってしまいますが
こんな粋も噺家さんならではです。
競輪紋(?)を着せたらきっと吉幸さんが世界一でしょう。

そんないでたちでいざ、高座へ。
紋の話にも触れて会場を沸かせると
落語の一席目は「平林」

180317_DSC_0023.jpg

吉幸さんの美声と歯切れのいい口調が
リズミカルに噺をすすめていくのが心地よいです。

続けてもう一席は「尻餅」
見栄っ張りな江戸っ子の、なんともばかばかしい夫婦の共同作業
この噺は餅を搗く動きと音も見せどころなので
ちょっと撮ってみました。

まず杵を振りかぶり

20180317_195359.jpg

振り下し

20180317_195405.jpg

餅(?)をついてこねる
「ぺったん(こねこね、すりすり)」

20180317_195402.jpg

亭主もおかみさんも頑張ります。
なんともばかばかしいかぎりですが
吉幸さんの軽快な高座は
貧乏と不条理を笑いに変えてくれました。

後半の一席は「ろくろっ首」

180317_DSC_0036.jpg

この噺は題のとおり、怪談ではありますが
大家さんに与太郎、婚礼や親孝行など
たくさんの要素が詰まった演目です。
達者な吉幸さんが簡潔に運び、笑わせてくれました。

以下は当日のアンケートです。

●この独演会を楽しみにしています。たっぷり楽しませて頂きました。ありがとうございました。(川島様)
<充実の会でしたね。またのご来場をお待ちしております。>

●大変に楽しかったです(今井様) <ありがとうございます。>

●とても楽しかったです。(佐藤様) <またいらしてくださいね。>

ご協力ありがとうございました。
スポンサーサイト

6月17日は「入船亭扇蔵ひとり会」

6月17日(日)は、入船亭扇蔵師匠の会です。

遊一600

六月は入船亭扇蔵師匠のひとり会です。
今回のネタ出し演目は「お菊の皿」。扇蔵師匠の色っぽいお菊さんが楽しみですね。
お化けの噺で大いに笑って、夏を一歩先取りしましょう。
日曜日のため午後3時開演です。
平日はお仕事などでなかなか来られないという方も、この機会に是非お越しください。


■第八十九回 東京大神宮十七日寄席 ~ 入船亭扇蔵ひとり会 ~
 平成30年6月17日(日) 開場:午後2時30分 開演:午後3時
 予約2,000円 当日2,300円

■入船亭扇蔵プロフィール
1971(昭和46)年  埼玉県北埼玉郡騎西町(現・加須市)生まれ
1994(平成6)年  東洋大学文学部国文学科卒業(中・高国語教員免許取得)
1999(平成11)年  入船亭扇遊に入門。前座名「ゆう一」
2003(平成15)年  二ツ目昇進 「遊一」と改名
2015(平成27)年  真打昇進「四代目・扇蔵」を襲名

チケットご予約の方は、この記事に非公開コメントをつけてください。
お名前(ハンドルネームも可)、枚数、メールアドレスを明記してください。
当日前売料金でご入場いただけます。

確認のメールをお送りしています。
メールの送信には一週間程度かかる場合があります。
プロフィール

十七日寄席世話人

Author:十七日寄席世話人
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる